中古医療機器の買取り販売

中古医療機器

  • Member┃新規会員登録
  • Contact┃お問い合わせ

御挨拶|中古医療機器のジャパンセントラルメディカル

基本理念

世界の人々のかけがえのない生命と健康を守るため、医療機器を通じて日本と世界を結び、心を結ぶ企業を目指します。

  • 一、世界の人々が平等に医療受給できる社会へ貢献する
  • 一、医療を通じ世界の信頼と絆のネットワークを創造する
  • 一、「誠実」「礼儀」「感謝」を重んじる

御挨拶

代表取締役 吉岡 史仁

ジャパンセントラルメディカルでは「世界の人々に平等に医療受給できる社会へ貢献する」という理念の基、医療機器を通じて日本と世界を結びつける架け橋になるべく活動を行っております。

私達日本人は、病気・怪我になれば病院に行き、何不自由なく最新の医療機器で診断し、治療することができます。しかし、このような恵まれた環境で医療を受けることができる人は世界ではほんの一握だという事実があります。世界には日本では想像がつかないくらいの医療環境が悪い地域が存在します。病気になっても病院へ行けない。また病院に行っても医療機器がない為、満足な治療を行えない。そんな人々がまだ多く存在します。

アフリカでは生後5年未満で5人に1人の子供が亡くなり、その中には医療機器が揃っていれば助かった命も多くあると言われております。また、カンボジアでは超音波診断装置1台あれば病院ができ、様々な検診をする事ができ、助かる命が多くあると言われます。

残念ながら人は生まれた地域や環境によって医療格差が生じ、日本では救える命でも世界のある地域では救えない事があります。

世界の多くの地域で医療機器が不足している中、日本では使い終わった医療機器でまだ使用できるものでも廃棄する病院が多く存在します。

私達恵まれた環境で医療を受ける事ができる日本人にとってできることはなんでしょうか?医療社会の課題を解決していく為には、まず世界を俯瞰する視点と、一視同仁の精神が必要になります。

ジャパンセントラルメディカルは、医療に恵まれない方々のかけがいのない生命と健康を守る為、日本の医療機器をCSR医療機器として世界中の方々に贈り届け、国境・人種・宗教・貧富の格差が関係なく少しでも多くの方々に少しでもいい環境で医療を受ける事ができるよう私達が架け橋になります。

ジャパンセントラルメディカル株式会社 代表取締役 吉岡 史仁

ブランド

ロゴ

ジャパンセントラルメディカルのロゴは緑と青の色の複数のラインを使用しております。
緑色は植物、植物と同じように人々に欠かす事のできない医療機器を表します。青色は海を表し、曲線は地球を表し、全体で橋を表します。
同じラインが同じ長さで“繰り返し”(再利用)て支えあってます。
このロゴは、医療機器を繰り返し利用することによって地球に暮らす人々が支え合って、平等に医療を受ける事ができるように私達が架け橋になりたい。との思いがこめられております。